▽ メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
不倫慰謝料請求相談所不倫慰謝料を請求された方謝罪文と交際禁止の誓約書

不倫の謝罪文を書くメリット・デメリット

謝罪文には、不倫被害者(慰謝料請求者)の怒りをしずめ、減額交渉をしやすくするというメリットがある一方で、裁判になったとき、不倫をした証拠になってしまうというデメリットもあります。そのため、どちらを選択すべきかと、迷われるかたが多いようです。

法律相談では、弁護士先生が「謝罪文を出さないほうがよい」と言うことが多いようですが、これは裁判で相談者が不利になることを懸念しての回答でしょう。法律、裁判の専門家である弁護士先生は、裁判になったときのことまで視野に入れて依頼人の利益を考えるのです。

とはいえ、謝罪文を出さなかったことで、「まったく反省していない!」と請求者の怒りをかい、うまくまとまるはずだった話が裁判にまで発展してしまうということもよくあります。

ですから、請求者が早期解決を最優先にして謝罪文を要求しているのかなど、請求者の意向や状況をまずは慎重に検討する必要があります。そのうえで、謝罪文を出すべきかどうかの判断をしましょう。



謝罪文を書いた方がよいケース

不倫被害者の多くは、配偶者(パートナー)の不倫で傷ついた心を少しでも慰めたいという思いで慰謝料を請求しているのです。

謝罪文を要求する理由がそれと同じであるならば、不倫をしたほうも要求に応じるべきでしょう。離婚をしない限り、配偶者との接触、交際は二度としないでもらいたいという強い思いが請求者にはあるのです。

不倫をした側がその思いに応えれば、請求者は安心し、妥当な慰謝料で和解に合意してくれるかもしれません。裁判をせずに早期解決を図ることはお互いの利益につながるはずです。


謝罪文

謝罪文のひな形を例示しておきます。
不倫の謝罪文にひな形、サンプルなど無用だと言うかたもいますが、当職はそうは思いません。

日常生活で謝罪文を書くことなどまずないでしょう。そのため、書き方がわからずに悩まれる相談者がほとんどです。もし失礼な手紙を送ってしまったら、相手を更に怒らせてしまうことにもなりかねません。

ご自分のした行為を反省し、慰謝料を支払うことの意味を十分に理解したうえで謝罪文を送れば、相手の感情も和らぎ、不当に高額な慰謝料請求などを引っ込めてくるケースが多いのです。

文例

○○ ○○様

謹啓
 私、○○ ○○は、貴方様の夫(妻)である○○様と平成○年○月頃より平成○年○月頃まで不倫交際していた事実を認めます。 貴方様に多大なご迷惑をお掛けしたことを深く反省し、おわび申し上げます。
 また、私の行為により、貴方様と○○様の夫婦関係が危機にあることを知り、私のしてしまった愚かな行為を悔いております。

 私の軽率な行動はどんなに謝っても赦されるものではないと、十分承知しております。 貴方様に精神的苦痛とご迷惑をお掛けしてしまった事を深く謝罪するとともに、貴方様の被ったご負担を償うために慰謝料 金、○○○万円をお支払いしたいと考えております。

 何卒、今回限りお許しいただくことをお願い申し上げます。
 この度は本当に申し訳ございませんでした。

謹言


 平成  年  月  日

 住 所

 氏 名        印

  1. これは不倫の謝罪文のひな形です。参考にするのは構いませんが、ご自分の言葉にかえて、直筆でお書き下さい。

  2. 用紙は白の便箋、できれば縦書きがいいでしょう。

  3. 送付される場合、普通郵便ではなく、特定記録郵便をおすすめします。郵便を出した時間と、郵便受けに投函するまでの記録が残り、追跡できます。追跡番号で相手方が受け取ったことを確認できるので、届いていないのではないかという不安が解消されます。

  4. 当事務所では、謝罪文の作成のみのご依頼は受け付けておりません。安易に謝罪文だけを切り売りし、後で裁判に発展した場合に、謝罪文が不利な証拠となることを避けたいためです。当事務所で解決できない案件は、提携協力弁護士事務所を紹介し、引き継ぐことがあります。引き継いだ弁護士先生の弁護活動、相談者の利益を考えたうえでの方針です。


謝罪文を書かない方がよいケース

不倫の事実がなく、弁護士先生を雇ってでも裁判で戦うことを望んでいるかたは謝罪文を出すべきではありません。謝罪をすれば、やってもいないことをやったと認めることになってしまいます。

また、慰謝料を請求する側が不倫の確固たる証拠をつかんでいない場合に、証拠収集の一環として謝罪文を要求してくることもあります。こうしたケースでは安易に謝罪文を書くことは避けた方がいいでしょう。謝罪をすれば不貞行為を自白したのと同じになり、裁判を起こされたとき不利になります。

弁護士先生が依頼人に謝罪文を書かせたがらないのは、こういった事情からだと考えられます。そこで、裁判での謝罪文の取り扱いを知るために、弁護士先生サイドの見解を掲載しました。


弁護士先生が謝罪文の送付を避けたがる理由

当職(行政書士)は弁護士先生が謝罪文送付を避ける理由について、以下の3点があると考えますが、それに対する見解を立山大就弁護士(アイゼン法律事務所)に示していただきました。

【当職が考える理由】

  1. 謝罪文そのものが判決で強制できるものではない(良心の自由)

  2. 事件が解決し、判決が確定した後、被告が謝罪に応じると了承したときに謝罪文を出せば足りる

  3. 解決前の謝罪文は事前に不貞の事実を認めることになり、弁護しにくくなる(不貞の確たる証拠がないとき、「請求に根拠が無い」との反論(否認)が答弁書等の準備書面に書きにくくなる)

立山弁護士のご見解

(謝罪文送付を避ける理由について)

1と2は考えたことがありません。専ら3番ですね。

強いて4番を挙げるとすると、仮に慰謝料を支払ったとすると、その後、求償権行使の問題が発生します。

その時に、謝罪文が出てくると、不真正連帯債務における負担割合に影響がでるおそれを考える必要があるという点も考慮すべきかもしれません。

例えば、謝罪文で、自分に100%責任があるなどと書いてしまうと、不貞をした配偶者に対する求償権行使の際に、5対5の責任割合が6対4等になってしまう可能性も捨てきれません。




(謝罪文に関する法律上の条文があるのかという質問に対して)

謝罪文を書きたくないことに関する法律上の条文はありません。

やはり、専ら、不貞の証拠を作成したくないというのが理由だと考えます。

仮に、依頼者から、「先生、謝罪文を出したいので文書を作成してくれませんか?」と言われた場合には、「作成はお勧めできませんが、それでも作成をご依頼されるのであれば、作成します。しかし、結果に責任は持てませんのでご承知おきください。」などと言うと思います。

【立山大就弁護士(アイゼン法律事務所)協力寄稿】
東京都台東区上野にある、離婚など民事案件が多い法律事務所です。


謝罪文は裁判でどう扱われるのか

参考までに、裁判での謝罪文の取り扱いを示しておきます。弁護士先生は裁判所に提出する訴状を次のように書きます。

【証拠説明書(例)】
号証 標目 原本・写し 作成年月日 作成者 立証趣旨 備考
甲1 和解書 原本 平成○年○月○日 原告 原告被告は○円支払う合意書を定めたこと等
甲2 謝罪文 原本 平成○年○月○日 被告 被告が不貞の事実を認め原告に謝罪したこと等

立証趣旨、平成○年○月○日、被告が原告に不貞の事実を認め謝罪したこと等、として裁判所に申し立てをします。


請求する側から見た謝罪文の効果

配偶者(夫、妻)に不倫の疑いがあっても証拠がなければ慰謝料はとれません。たとえば、配偶者が他の異性と食事をしているところを写真に撮っても、それだけでは不倫(男女に肉体関係があること)の証拠とは言えず、慰謝料請求の根拠にはならないのです。

では、不倫の疑いが濃厚なのに、その確たる証拠がない場合はどうしたらいいのでしょうか。

証拠収集のためにさらに調査を進めるのも一つの手段ですが、もっとも簡単なのは当事者に不倫の事実を認めさせることです。

もちろん不倫相手も、証拠がない限り慰謝料を請求されることはないとわかっているので、すぐには事実を認めないでしょう。また、配偶者のほうも不倫相手を守ろうとしますから、口裏を合わせてアリバイ工作をするなど、なかなか自白をしてくれません。

しかし、話の進め方しだいでは、不倫をした側の「自白」を文書として残すことが可能です。そして、そのとき有効に使えるのが謝罪文なのです。


配偶者に謝罪文を書かせる方法

謝罪文は不倫の重要な証拠になります。ただし、いきなり不倫相手に謝罪文の要求をするのではなく、まずは配偶者に書いてもらうことを考えましょう。

「正直に話してくれれば今回限り許す。疑いが残ったままでは、夫婦関係の修復は難しい」などと言えば、離婚をしたくない配偶者は不倫の事実を認めてくれます。その上で、”けじめ”として謝罪文を書いてもらうのです。


配偶者に書かせる謝罪文(誓約書、交際禁止の誓約書、反省文)の文例

誓約書


○○様
私は○年○月頃から○年○月頃まで、SNSを通じて知り合った○○○○(不倫相手の氏名)と男女の関係になり、不貞行為を○回ほど続けていました。
○○(不倫相手の名)は私が既婚者であることを知っており、私は、夫婦関係が破たんしているなどとは言っておりません。
今回の不貞を深く反省し、謝罪します。今後は、○○(不倫相手の名)とは私的接触、私的交際を止めることを誓約します。
離婚をするかどうかは貴方様の判断に一任します。

平成○○年○月○日

氏名      印

※ 直筆で書かせてください。表題は、抵抗の少ない「誓約書」という言葉にしましたが、中身は不貞を認めた謝罪文です。


不倫相手に謝罪文を書かせる方法

不倫の疑いがあるからといって、すぐに相手と会い、問い詰めても「一緒に食事をしただけ」と、しらを切られてしまいます。

そこで、先に配偶者に書かせた謝罪文を見せ、「私の配偶者はすでにあなたとの不倫を認めて謝罪をしています。あなたが認めなければ裁判を起こし、二人を呼び出すことになると思います」と話せば、不倫相手も謝罪文を書いてくれるでしょう。

ただし、ここで注意しなければならないのは、怒りにまかせて「慰謝料を請求する」などと口走らないようにすることです。慰謝料の話を先にしてしまうと、相手は警戒して、証拠になるようなものは書いてくれません。

謝罪文を書かせる目的が、「交際を止めさせて円満に解決する」ことにあるのだと、相手に思わせておくことが重要なのです。



交際禁止の誓約書について


文例

私○○は○○様の配偶者(奥様、ご主人)○○様との不貞な交際を深くおわびし、二度と○○様と交際することは致しません。電話、メール等での一切の接触も致しません。

平成○○年○月○日

住所

氏名      印

<注意点> 示談書・誓約書などを書く場合、当事者が強制されて書かされた書面であれば、後日取消し、無効を言ってくる場合が多いのです。車の中、密室、取囲んでの交渉などはなさらないことです。

(Q&A)
・交際期間を書かずに送りたいのですが?
謝罪文を要求されるとき交際期間を書いておくように言われる場合があります。交際期間は不貞行為の慰謝料請求の金額に影響します。〇月〇日までの記憶が無いのであれば、間違った日付を書くより、〇月上旬、〇月頃からの交際と書いておくべきです。



正当なCSSです

無料電話相談はこちら
受付時間 8時〜21時
緊急の場合は携帯へ


不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室