▽ メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)

宮城県の不倫慰謝料相談

宮城県のお客様の声

宮城県仙台市、40代の自営業男性
お客様の声 先生、この度は大変お世話になりました。

示談書が送られてきました。
私が不貞を知ってから4年ほどになり、請求しないでいたので時効の問題がありました。そのため相手が示談に応じてくれるか疑問もありました。
しかし先生から、4年前とは状況が変わっているので慰謝料請求に応じてくる場合もあるのではないかと助言され、思いきって請求して良かったと思います。

昨日、〇〇円振り込まれていました。費用のほうは本日、お振り込みしました。ご確認ください。
これまでほんとうにありがとうございました。
コメント この案件では、不貞を知ってから3年経過後に慰謝料の請求ができるのかが問題になりました。

不法行為による損害賠償請求権の場合には、時間の経過により加害者の責任の追求や損害額の確定が困難になること、被害者の精神的苦痛が緩和されることから、3年という短い消滅時効が定められています。

しかし今回は、加害者が妻に過去の不貞を知られたくないという思いから慰謝料を支払ったので、無事に解決することができました。


宮城県石巻市、30代の女性
お客様の声 先生、いま公証役場の手続きを終え、〇〇さんと別れました。
遠方からの依頼なので、うまくいくのか一抹の不安はありましたが、(交際禁止の)誓約書と示談書、そして公正証書の作成まで通信でサポートしていただき、感謝しております。
先生の段取りのおかげで、当日、公証人が同じ文章を読み上げ、それに署名、押印するだけで30分もかからずに済みました。
先生にご依頼して1ヶ月ほどで終了することができ、喜んでおります。
夜間にご相談することが多く、ご迷惑な時間かと気にしましたが、親切に対応していただき、ありがとうございました。
コメント 慰謝料の分割支払いに関して、東京の行政書士村上が宮城県の公証役場に事情を電話で伝え、公正証書の原案を作成してもらいました。その後、当事者に公証役場へ出頭してもらい、無事に解決した事案です。
今は、公証役場も通信ですすめてくれる所が多くなっています。


正当なCSSです

無料電話相談はこちら
受付時間 8時〜21時
緊急の場合は携帯へ


不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室