▽ メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
不倫慰謝料請求相談所不倫慰謝料の基礎知識と定義

不倫の慰謝料とは

【不倫相手に慰謝料を請求できる理由】
不倫をしている二人は背徳の快感があるのでしょうが、相手の配偶者は激怒しています。
神経がおかしくなり過呼吸、うつ病で心療内科に通院している方が多いのです。配偶者の苦しみは、精神的苦痛に対しての慰謝料の請求という形で相手に償ってもらうことができます。不倫トラブルは、こじれれば裁判などの法律問題になります。

不倫という法律用語はありません。法律では不貞行為(民法770条)と定められています。

【慰謝料を請求することで不倫交際を中止するケジメを付けてあげる】
慰謝料とはどういう場合に発生するのでしょうか?
不貞のような反倫理的な行為を不法行為と言いますが、どういう場合に不法行為が成立するのかをチェックしましょう。

(1)故意又は過失があること
故意とは、自分の行為が他人に損害を与えることを知って、あえてその行動をすることです。
行為者の心理状態を表現しています(民法709条)。
その結果、財産的損害及び精神的損害も賠償しなさいということになっています(民法710条)。

過失とは、法律上要求される注意を怠って、不貞をすることです。
自分の不貞行為が配偶者の権利を侵害することを不注意で行うことです。
注意義務の標準は普通の成人ということです。

既婚者と性的関係をもてば、相手の夫(妻)に嫌な思いをさせるということは成人なら判断がつくことです。
よく既婚者が、夫婦の不仲、家庭内別居などの言葉を用いて相手と不倫関係に入るケースがありますが、「そらごと」は配偶者に確かめれば「ウソ」とわかります。
しかし配偶者に不倫をしていいのか確認を求めるほど慎重な方はほとんどいません。相手の言葉を信じて不倫関係をもつことがほとんどです。
こうした場合、「故意」はなかったとしても、「過失」があるということになります。その過失の程度は、損害賠償額を減額する際に判断の基準になるでしょう。

とはいえ、不法行為の「故意」「過失」の主張をするのは請求された側なので、請求する方は、不倫の事実があったとして慰謝料を請求すればいいのです。ただし、その際には不倫の事実を示す証拠を用意する必要があります。
不倫の証拠は早めに、周到に用意すべきですが、それはあくまで裁判上の問題であり、当事者が不倫の事実を認めてしまえば「自白」したことになります。

「不貞の事実」があったかなどは、裁判官が最終的には判断することになります(民事訴訟法247条、自由心証主義)。

夫婦の一方と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったか、自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務がある(最高裁判所判例昭和54年3月30日)。

相手が既婚者だと知って肉体関係をもてば慰謝料を払わなければなりません。
夫婦の破たんの事実は不倫をした側が立証しなければならず、そのハードルは極めて高いのです。

(2)違法性があること(民法709条)
違法性は、家庭生活の平和を乱したことと、広く考えていいでしょう。
家庭生活が崩壊すれば、事実上の離婚状態ともいえ、きわめて違法性が強くなりますが、家庭が崩壊に至らなくても家庭内のもめごとがおきている以上、十分慰謝料を請求できます。

(3)損害の発生との因果関係があること
不法行為は、故意又は過失によって他人の権利を侵害することですが、この加害行為(具体的には配偶者と第三者の不倫)と損害(不倫をされた配偶者の精神的苦痛)との間に因果関係がなければなりません。

因果関係とは、不倫という原因があり、その結果、精神的苦痛、不眠、体調不良、食欲不振、家庭不和といった損害が発生することです。

(4)婚姻関係が破綻していなかったこと
不倫者の相手が原因でなく、別の理由で夫婦関係が破綻していた場合、不倫者には夫婦の破綻の原因、責任が無いので慰謝料請求はできません。
(夫婦が離婚したいと協議したものの、居住マンションの残債が整理できずに離婚できないという状況のなかで夫婦の一方が不倫をした場合など)


不倫には、喧嘩、暴行、職場や自宅に押しかけての抗議、高額の金銭要求、強迫感による自殺といったように悲劇の結末があります。こうした不倫の二次災難を防ぐためにも法律による解決をはかるべきでしょう。
法律は、故意または過失によって他人に損害を与えた者に賠償義務を負わせています。
この精神的苦痛に対して支払う「金銭」を「慰謝料」といいます。
お金でしか支払うことはできません(民法419条1)。しかし、慰謝料は物損などと違って心の苦痛なので、損害の計算がしにくいものです。

そこで各人が被害の程度、たとえば体調不良で通院を始めたなどの主張をすることが必要となります。一度受けた「精神的苦痛」を回復させることはなかなか難しいものです。
また、謝罪してもらっても、事実は記憶から消えて無くなるわけではありませんし、本当に心からの謝罪なのかも、正直なところはわかりません。
相手が悪いのだから報復、制裁は倍返し、という気持ちは分かりますが、法は「報復の連鎖」は治安維持のために認めていません。そこで金銭による賠償を求めることになります。
そのため、法が特別に「賠償義務」を定め、最終的には金銭に見積もって支払いさせることにしているのです(民法710条)。

【慰謝料請求できる法律の根拠(理由)】
不貞行為(不倫)に関して適用される民法条文
民法709条 【民法709条】. 故意又は過失によって、他人の権利又は法律上 保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
不倫などをしている愛人、配偶者は不法行為者として損害賠償責任があります。
【第709条】 故意又ハ過失ニ因リテ他人ノ権利ヲ侵害シタル者ハ之ニ因リテ生シタル損害ヲ賠償スル責ニ任ス 法行為に対して慰謝料という損害賠償を請求できます。
民法710条 【民法710条】 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
財産以外の精神的苦痛の損害賠償を明記しています。
【第710条】 他人ノ身体、自由又ハ名誉ヲ害シタル場合ト財産権ヲ害シタル場合トヲ問ハス前条ノ規定ニ依リテ損害賠償ノ責ニ任スル者ハ財産以外ノ損害ニ対シテモ其賠償ヲ為スコトヲ要ス
民法719条 【民法719条】数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。 不注意(過失)の場合も同様に賠償責任があります。
共同不法行為ということで、不倫者の主人も女性も奥さんに慰謝料などの損害金を払うことになります。
【第719条 】数人カ共同ノ不法行為ニ因リテ他人ニ損害ヲ加ヘタルトキハ各自連帯ニテ其賠償ノ責ニ任ス共同行為者中ノ孰レカ其損害ヲ加ヘタルカヲ知ルコト能ハサルトキ亦同シ A 教唆者及ヒ幇助者ハ之ヲ共同行為者ト看做ス
民法724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。 不法行為を知ってから僅か3年で消滅します。
民法770条 第770条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。 (1)配偶者に不貞な行為があったとき。
(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
不貞行為があれば離婚の理由となります。
民法722条 第417条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。
2 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。
(損害賠償の方法)
第477条 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。
民法418条 (過失相殺)
第418条 債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。
損害賠償の方法・過失相殺については、債務不履行の条文と全く同様に、@金銭賠償の原則と、A過失相殺が規定されています。
民法167条 通常の債権の消滅時効は10年なので債務不履行による損害賠 償請求権は10年間行使することが出来ます。


【慰謝料に関する参考資料】
◎妻、職場に公表しないという条件で内々に処理したいと、400〜500万円でも慰謝料を払う方がいます(リッチな地位保全型)

◎フリーターでお金が無く慰謝料が払えない、という方もいました。
その方は給料明細表とサラ金からの借入表を持参し、破産寸前であることがわかったので、破産しないよう私も話し合いに加わり、電卓で支払える額を割り出し、月1万円の30回分割払いということでお互いに合意しました。
――高額の慰謝料を請求して、相手に破産されたらたまりません。支払い額は相手の支払い能力によって決まってくるので、金の無い人からは取れないのです。

実際の相手との交渉では、相手が支払い不可能な金額は請求しないことです。
相手の資産・収入・支払い能力はよくわかって請求しても、あまりに高額だと話がまとまりにくくなります。高額を要求する以上、金額の妥当性や、その根拠(理由)を明確に説明して相手を納得させなければ、相手は要求額を支払うことができず、「それでは裁判で解決しよう。先に訴えてくれ」と開きなおってしまいます。


正当なCSSです

無料電話相談はこちら
受付時間 8時〜21時
緊急の場合は携帯へ


不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室